中津《なかつ》の町《まち》からでていきたい

[#4字下げ]中津《なかつ》の町《まち》からでていきたい[#「中津の町からでていきたい」は中見出し]

 ところが、封建制度《ほうけんせいど》というものは、ながいあいだにきずきあげられたものですから、ちっとやそっとの力《ちから》でくずれるものではありません。そのころの日本《にっぽん》は、どの土地《と...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:24 pm  

塾《じゅく》のせいせき

 塾《じゅく》のせいせきは、諭吉《ゆきち》のほうが上《うえ》ですし、からだもつよくしっかりしていながら、頭《あたま》があがりません。それは、親《おや》の家《いえ》がらや身分《みぶん》がちがうためにできたわけへだてでした。それが、諭吉《ゆきち》にはくやしくてくやしくてたまりません。すると、お父《とう》...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:23 pm  

気持《きも》ちよさそうにひるねをしている

 気持《きも》ちよさそうにひるねをしているおチエの顔《かお》をみながら、お母《かあ》さんは、台所《だいどころ》のほうへはいっていきました。あとにのこった諭吉《ゆきち》は、おぼうさんにならずにすんだので、ほっとしました。 勉強《べんきょう》をすることは、このあいだ、兄《にい》さんからいわれて、なるほ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:23 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0361 sec.

http://727m-musume.com/