そのころの砲術家《ほうじゅつか》

 こんなに、うちの中《なか》のざつようでもなんでも、諭吉《ゆきち》は、すこしもいやな顔《かお》をしないで、かいがいしくはたらくので、先生《せんせい》ばかりでなく、おくさんにも、女中《じょちゅう》にも、家《いえ》じゅうで、たいへんちょうほうがられました。 そのころの砲術家《ほうじゅつか》は、じっさい...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:28 pm  

オランダのことばを勉強《べんきょう》するには

 けれども、中津《なかつ》には原書《げんしょ》もなければ、おしえてくれる先生《せんせい》もありません。オランダのことばを勉強《べんきょう》するには――それを蘭学《らんがく》といっていました――、長崎《ながさき》へいかなければなりません。長崎《ながさき》だけが、そのころの西洋《せいよう》の文明《ぶんめ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:28 pm  

兄《にい》さんの三之助《さんのすけ》

 ある日《ひ》、兄《にい》さんの三之助《さんのすけ》が、諭吉《ゆきち》をよんで、いいました。「どうだ、諭吉《ゆきち》。オランダ語《ご》を勉強《べんきょう》して、原書《げんしょ》(外国語《がいこくご》でかかれた本《ほん》)をよんでみる気《き》はないか。」 いきなり、こんなことをいわれたので、諭吉《...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:27 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0156 sec.

http://727m-musume.com/