あんなにじょうぶなお母《かあ》さん

 それにしても、あんなにじょうぶなお母《かあ》さんが、いったいどうなさったのかと、うそのようにおもわれてなりません。けれども、どうじに、一人《ひとり》心《こころ》ぼそくねておられるお母《かあ》さんのすがたをおもうと、諭吉《ゆきち》は、じっとしていられないほどでした。その手紙《てがみ》をくりかえしよん...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:30 pm  

家老《かろう》のむすこのわるぢえ

それはむりもありません、アルファベット二十六|字《じ》をおぼえてしまうのに、三日《みっか》もかかったのですから。けれども、五十|日《にち》、百|日《にち》と日《ひ》がたつにつれて、だんだんよめるようになり、いみもわかるようになってきました。 こうなると、おもしろくないのは、奥平壱岐《おくだいらいき...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:29 pm  

そのころの砲術家《ほうじゅつか》

 こんなに、うちの中《なか》のざつようでもなんでも、諭吉《ゆきち》は、すこしもいやな顔《かお》をしないで、かいがいしくはたらくので、先生《せんせい》ばかりでなく、おくさんにも、女中《じょちゅう》にも、家《いえ》じゅうで、たいへんちょうほうがられました。 そのころの砲術家《ほうじゅつか》は、じっさい...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:28 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0783 sec.

http://727m-musume.com/